中学1年生 2学期中間の成績②~定期試験対策は 葛西・西葛西の学習塾 斉学舎にお任せ!~


①はこちら

では、どうすればこのような「2学期中間試験で成績が下がることを防げばいいのか」という問題です。

究極の結論としては、「2学期中間試験は、1学期期末試験と比べて難しさが段違いであることを心得て

勉強すること」となってしまうのですが、現実問題としてはなかなか難しいです。

部活や学校の活動が忙しく、ただでさえ勉強に割く時間を取りにくくなっている上に、「2学期中間試験

いう、まだ体験したことがない厳しさ」に対していくら口をすっぱくして指導したところで、生徒たち

自身はそうそう実感できるものではないからです(私たち大人は、その経験があるからこそ、口を

すっぱくして言うわけです)。

 

ここで一つ保護者の方に留意していただきたいのは、

「点数は落ちたとしても実力自体は間違いなくついてきている」

という点です。

実際、斉学舎の中学1年生で、点数こそ前回の試験より落ちてはいるものの、順位自体は上げている

という生徒さんは数多く見受けられます。これは、周囲の生徒が今までと同じように惰性で勉強していた

のに対して、斉学舎の生徒たちは「2学期中間は大変である」という意識をしっかり持った上で勉強して

いた証拠だと思います。

1年生の2学期中間で「痛い目」に遭ってしまったからといって、落ち込む必要はそれほどありません

が、「次は同じようなことにならないようにしなければ」という意識は常に持ち続ける必要があると思い

ます。

2学期期末は9科目もあります。対策は今からすぐに行いましょう!

斉学舎 お問い合わせフォームはこちらから

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★

どの科目でも質問に来い!  荒瀬浩之:斉学舎グループ館 教室長

明治大学出身。
『軽快なトークで、どんな複雑なことも楽しく説明してしまう』
『いつの間にか生徒の懐に入ってしまっている』という特技を持つ。
現在はグループ館の校舎長として、また国語科担当として、真正面から生徒と向き合う毎日。

どんな科目でも、理屈を理解することで楽しくなります。
「なぜそうなるのか?」を常に大切にできるような授業を目指します!

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★