勉強と作業の違い/西葛西で高校受験塾をお探しなら斉学舎へ!


「皆さんは勉強していますか?」

こう質問すると・・・

してる!あんまりしてない!などいろいろな答えが返っていますが、、、

皆さんは、この“勉強する”という言葉と“作業する”が ごちゃ混ぜになっていませんか?

Wもぎ

 

今回は、西葛西エリアで学習指導を行う“葛西の学び舎 斉学舎”で行っている、

“中学生の勉強法”を紹介します。

 誰がやってもほぼ確実に成績がアップしますが、不向きな人もいます。

・一を聞いて十を知る・・・本当に頭が良い!

・一を聞いて何も知らない・・・そもそも聞く気ゼロ!

 この二つのタイプの人には必要ないものです。

そこそこやる気のある、ごく一般的な人を対象にしていますのでご注意ください。

 

1、塾で、学校の授業よりも速い進度の授業を受ける

2、学校配布のワークで、塾で習った範囲を予習する

3、学校で授業を受ける

4、塾で復習授業(塾のワーク)を受ける

5、テスト前3週間から試験勉強を始める(学校&塾ワーク)

6、テスト3日前に塾のテスト対策プリントをやる

 

数学を例に挙げれば、斉学舎ではこの6回の学習で、全員20点以上アップを達成!。

中には2か月で50点以上アップした生徒もいます(東葛西中学校1年I君、葛西中学校2年Kさん、西葛西中学校3年Nさんなど)

大切なのは、「学校よりも先に進み」「学校のワークを中心に」「くり返し学習する」こと。

あとは、必ず○つけと解き直しをしっかりすること。これをしないとやった意味はありません。

 

そう、本当に“意味がない”のです!

よく、「ワークを解いた」「出された宿題をやった」だけで、勉強したつもりになっている小学生・中学生がいます。

しかし、それは“勉強”ではありません!

 

作業です!!

 

本当の勉強は、まず問題を解いた後、

「わからなかった問題の解説を何度も読みこむ!」

「先生に質問して、解説をよく聞く!」

「覚えていなかった用語を書き取り練習する!」

「一度できた問題でも、何度も繰り返し解く!」

 

これらのことを何度も繰り返すことが、“勉強”なのです。

 

作業ばかりして勉強したつもりになることなく、

何度も!くり返し!勉強”をしましょう!