子どもへの話し方/葛西・西葛西・清新町の学習塾/斉学舎 塾長ブログ/


皆の笑顔斉学舎では、在塾生の全ての保護者を対象に年3回、個別面談を実施しています。

面談時の相談で多いのが「子どもの学年が上がったら言うことを聞かなくなってきた」というものです。

これは全国共通の悩みだと思いますが、子どもの成長に欠かせないプロセスでもあり、温かい心で見守ってゆく必要があります。

 

とはいっても・・・ついカッとなって「いい加減にしなさい!なんで言うこと聞けないの!」と言いたくなるのもまた事実。

特に中学受験高校受験が迫っているのならばなおさらです。

 

斉学舎では、そういったご家庭での御悩みを少しでも和らげるため、面談時に「子どもへの話し方」という題でお話をさせていただいております。

今回は、保護者の方に配布した文書とほぼ同じものを掲載いたしました。少しでも、ご覧になった皆様のお役にたてていただければと思います。

 

 

子どもへの話し方①

“脅迫”は、やる気を削る

「~しろ(するな)、さもないと・・・するぞ」×

脅迫者の言う通りにしたいと思う人は、いません!

童話“北風と太陽”の話を思い出してみて下さい。

 

◆子どもの気持ち

親の言いたいことはわかってる

親の言っていることは正しい

でも、

「言い方」が腹立たしいから「わかっていても反抗する」

 

そこで、

命令せずに子どもをコントロールする方法

①子供の言うことを遮らず、最後まで聞く」脈絡がなくても、間違ったことを言っても、自分の考えに合わなくても、まず最後まで聞く。その後に、自分の意見を言う。

話を聞いてくれただけでも「相手は自分を否定しない」と感じるので、その後に親の言いたいことをまとめて伝えると聞いてくれます。

まず相手の話を聞くことで“相手の中をからっぽ”にし、そのあとで自分の話をしましょう。

 

 

②「(お前は)~しろ・~するな」ではなく、「私は~してもらえると嬉しい」「私は~だと悲しい」

主語を「あなたは」から「私は」に変える。

 

子どもは「感覚」で生きているので、論理的に言っても聞かないことがあるため、有効です。

 

③子どもはコントロールすることはできない

  コントロールしようとすると同量の力で反発する。理屈関係なし。!

  たとえ「リンゴは赤!」と言っても、反射的に「いや、赤じゃないときもある!」

  と答えるのが中学生の子ども。高校受験間近の時期に言われたらたまったものではないですね。

  

*とにかく「言うことを聞くのが嫌」なだけなので、悪気はない。

  

 

④絶対に譲れないことを一つ決め、あとは自由にさせる

  例)服装は~~だけ守ったらあとは自由

    アクセサリーは~~だけ守ったらあとは自由

    勉強は~~だけ絶対達成してもらって、あとはできるだけでOK

 

 

⑤子どもは常に不安

  中学生くらいの子どもは常に不安です。失敗したり誰かに批判されたりすると

  「人格を全否定」されたような気がして落ち込みます。

  そのため、「批判しない人」「叱らない人」「うるさく言わない人」を求めます

  それは、たいてい「友達」です。

  「不安」を和らげることが出来れば、悪い友達とも付き合いません。

 

「不安」を和らげる方法は「承認」。失敗しても、悪いことをしても、点数悪くても、

「いいんだよ」 「それでもあなたは私の大切な子どもだよ」と全身で伝えて下さい!

その上で、個別に注意をしましょう。

 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

葛西の学び舎 斉学舎は、葛西・西葛西・中葛西・東葛西・北葛西・南葛西・清新町・宇喜田町で指導を行う学習塾です。

通塾生徒の学校:西葛西中、東葛西中、葛西中、南葛西二中、松江五中、葛西三中

        第四葛西小、臨海小、清新第一小、清新第三小

中学受験・高校受験・成績アップでお悩みの方はこちらよりお問い合わせください。

 

 

トップページへ