定期試験が近づいております~定期試験対策は 江戸川区の学習塾 斉学舎にお任せ!~


公立中学校では、6月初旬から下旬にかけて、1学期期末試験が行われます。

中学1年生にとっては中学に入って最初の定期試験です。ただでさえ中学に入って勉強内容が

難しくなった上に、科目数が9科目もあるということで、非常に大変かと思われます。

また、中学2・3年生も、先生が代わるなどの理由により、今までとは異なる出題形式のテストに

なる可能性も大きく、油断はできません。

 

斉学舎では、5月のゴールデンウィークより前から、徐々に試験態勢へと入ってきています。

春期講習でできるだけ先取りをしておき、その範囲を学校ワークで先に進めておくというものです。

中学生で成績がよくない理由の一つに「定期試験前に学校ワークで大量の宿題を出されて、それを

こなすだけで終わってしまった」というものがあります。それを防ぐためには、試験2ヶ月ほど前から

準備を始めておかなければなりません。

そのワークも、ただ「解いて丸付けして終わり」では、あまり高い評価は得られません。斉学舎では、

学校ワークで間違えた問題については、「間違えた場所に付箋を貼ってもう一度解きなおしをさせる」

いうことを行ってもらっています。

このようにすることで、学校の先生からの評価も上がるというわけです。

当然、「完璧にできるようになるまで繰り返し学習する」ことは当然です。

 

さあ、斉学舎でしっかりと定期テスト対策を行おう!!

斉学舎へのお問い合わせはこちらから

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★

どの科目でも質問に来い!  荒瀬浩之:斉学舎グループ館 教室長

明治大学出身。
『軽快なトークで、どんな複雑なことも楽しく説明してしまう』
『いつの間にか生徒の懐に入ってしまっている』という特技を持つ。
現在はグループ館の校舎長として、また国語科担当として、真正面から生徒と向き合う毎日。

どんな科目でも、理屈を理解することで楽しくなります。
「なぜそうなるのか?」を常に大切にできるような授業を目指します!

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★