小学生の勉強の大切さ/葛西で成績アップなら斉学舎へ!


皆さんこんにちは。DSCN0428

葛西の学び舎 斉学舎塾長の斉藤です。

 

斉学舎の塾生には、

「中学受験希望の小学生」

「小学校に上がった時困らないために勉強しておく幼稚園生」

「学校の成績を上げたい中学生」

「予備校の補習に来る高校生」

など、多くの塾生が集まっています。

 

その中でも一番多いのは、「高校受験のために学校の成績を上げておきたい中学生」です。

斉学舎に入って成績が上がった!という生徒は、

 

数学24点→80点!・・・葛西中2年女子

5科目合計70点アップ!・・・東葛西中2年男子

 

など、何人もいます。(詳しくはこちら 斉学舎の学習成果東中 数学

 

しかし、思うように成績が伸びない(伸びるまで時間がかかる)生徒も確かにいます。

今回は例が一番わかりやすい数学でお話します。

 

成績が上がらない原因は・・・

 

小学4年~5年の勉強です!

 

小学4、5年生では、図形の面積、小数・分数の計算、割合、速さなど中学生にとって非常に重要な範囲を学習します。

この時期に“徹底した反復学習”をしておかないと、

「あれ?通分ってどうやるんだっけ?」

「三角形の面積ってどうだすんだっけ?」

「仕入れ値とか定価ってどう出すのかな?」

など、中学生ならば知っていて当たり前のことが出来なくなってしまいます。

 

小学校の勉強に対する姿勢と、中学校のそれとでは大きく違います。

計算は毎日100問、一行問題は50問、そのくらいやって普通です。

現在お子様が小学生の方は、「中学生になったら頑張ればいい」と思わずに、youji_moji

是非今の内からしっかりと反復学習させておいてください。

“まるで呼吸をするのと同じくらい簡単に計算できる!”となっていれば嬉しいですね。

 

すでにお子様が中学生になっている場合では、まず分数・小数、2桁×1桁の計算、最小公倍数の求め方などを徹底的に復習しましょう。

斉学舎に新規入塾した生徒は、「無限問題」という名前のオリジナルプリントで鍛えられます。これは、「1問間違えたら1枚追加」という過酷な条件で勉強するもので、

どんなに計算が苦手な生徒でも1ヶ月で皆に追いつけます(追いつけるまでやらされるので)。

詳細はこちらまでお問い合わせください。

 

中学校で成績を上げたければ、まず小学校から勉強を!

 

みなさん、まだ先のことだからと手を抜かずに、早め早めに勉強をしておきましょう!