文章題が得意!/葛西・西葛西の塾 受験対策/斉学舎 塾長ブログ/


斉学舎は、葛西・西葛西エリアの地元小中学生を対象に指導を行う学習塾です。

塾生は年中~高3と幅広く、指導形態も少人数グループ授業と個別指導を両方行っています。

主な目標は高校受験ですが、大学受験やその先の人生を見据えた教育を行っています。

 

さて、小学生・中学生なかでは、「算数の文章題が出来ない!!」 「図形問題が出来ない!!」というのが共通の悩みではないでしょうか。

小学校低学年での文章題では、youji_top

「足し算なのか引き算なのかわからない」

のように、文章の言っている意味が分からないということが多く、

高学年・中学生になると、「式がたてられない」ということをよく聞きます。

図形では、どこがわかれば答えが出せるかという、「重要なポイント(角度・対応する辺・補助線など)」が見つけられないことがネックのようです。

 

では、どうすればこれらの問題を解決できるのでしょうか。

それがまさに「低学年教育」です。

こういうとかならず「そんな早くから勉強する必要はない」 「今はたくさん遊んで運動することの方が大事だ」などという意見が出ます。youji_moji

もちろん、私も遊びや運動に反対するものではありません。幼稚園や小1のころからそれほど多くは勉強する必要はないでしょう。

 

まず私が低学年(年中~小1)に求めることは、以下のとおりです。

1、きちんと1時間の間机に向かって座ることができる

2、正しい姿勢で座り、鉛筆を正しい持ち方で持ち、見やすい字を書くことができる

 

その上で、勉強面では、

3、数の概念をしっかり持っていること

  2飛びの数(偶数)、5飛びの数(5の倍数)、お金の計算、

  「増える・減る」、「違い・あわせて」、「やってくる・帰る」などの用語about02

 

4、図形の基本的な捉え方

  三角形二つで四角形になったり、ひっくり返すとどんな形になるかなど。

 

特に、3の用語は非常に重要です。本来、小1のうちに覚えなくてはならない用語は約200個あります。

しかしこの用語、昭和26年度の指導要領を最後に、学校では教えなくなってしまいました。

そのため、

『「公園に3人やってきました」という表現があったら、人数が増える』ということがわからないyouji_kazu

『「6個食べました」とあったら、個数が減る』ということがわからない

だどといった、大人からすると異常な事態が起こります。

 

斉学舎の低学年教育では、

・基礎学習練習帳

・文章題

・計算練習帳

・書き方ノート(ひらがな、カタカナ、漢字)

・知恵の積み木

・図形パズル

この6点を使い、上記のような「文章題苦手」「図形苦手」とならないよう、対策を行っています。

塾での授業時間は週に1時間、家での勉強(宿題)が全て合わせて約40分ですので、それほど負担にはなりません。

 

小学校高学年になってから文章題や図形で悩まないよう、小さいうちから少しずつ準備をしておきましょう。

 

 

 

 

トップページへ