東葛西中の生徒/葛西・西葛西の塾 テスト対策 高校受験/斉学舎 


先日、新しく東葛西中の生徒が入塾してきました。

「全体的に勉強ができない」「勉強のやり方がわからない」とのご相談でした。

 

私が実際に教えてみた感想は「ああ、やっぱりな」というものでした。

 

その時は数学だったのですが・・・

・式の書き方を知らない

・分数や小数の計算が苦手

というものでした。私からすれば、ある意味いつも通りです。

入塾してくる公立中学生の半数以上は、この二つが出来ていません。

 

最近の中学生たちは、小学生の時の「式の書き方」や「分数・小数の計算」の学習量が足りないように思えます。

もちろん、ある程度はできますが、“中学校での勉強に耐えられる力”には届いていません。

私の体感ですが、必要な量の30~40%程度しか練習していないように感じます。

 

また、 = を「単に答えを書くための道具」としか考えていない生徒が多い事も気にかかりました。

極端な例ですが、

「公園に男の子が2人います。さらに、3人来ました。その後、一人帰りました。残ったのは何人ですか?」

という問題を解くときに、

2+3=5-1=4 という式を平気で書くのです。

「等式」「等号」の意味を全く理解していない証拠です。

 

もしこの記事をご覧になっている方で、小学生のお子様がいらっしゃいましたら、

是非「省略しないで式を書くこと」「分数と小数の四則計算」をしっかりやらせて下さい。

うんざりするほど学習して、やっとちょうど良いです。

 

ちなみに、前述した斉学舎に入塾したばかりの東葛西中の生徒も同じようなものでしたが、

式の書き方や計算練習を中心に「くり返し学習」を行い、

なんと主要5科目合計70点アップを果たしました。

こちらの指示を素直に聞き、自分の欠点を地道に直してくれた成果です。

実技の4科目はそれなりにできる子でしたので、今後の成長が非常に楽しみです。

 

 

 

トップページへ