私立中学生の勉強/成績でお困りなら西葛西の学習塾 斉学舎へ


毎日寒いですね。先週の大雪に続き、今週末もまた雪になりそうです。候補1

さて、今はちょうど受験真っただ中ですが、実は私立中学生にも受験はあります。

といっても、公立の一般受験生ほどの緊張感はありませんが・・・

ただ、中には他の受験生に負けないほど一生懸命に受験勉強をする私立生もいます。

斉学舎の生徒に、私立駒込中学校の生徒がいます。

彼はこの塾が出来る前からの、付き合いの長い生徒で、

非常に一生懸命に、まじめに勉強する生徒でした。

おかげで、中学受験の時も一番上のクラスに特待合格し、

その後の学校の成績は学年ヒトケタを維持してきました。DSCN0770

 

しかし!

 

駒込中学校から高校に上がるときには、外部からの受験生と同じ試験を受けなければいけないのです。

といっても、相当悪くない限り退学になったりはしません。

ですが、彼は家計を助けるために特待生(入学金その他35万円免除+授業料12万免除)を狙っていたのです。

特待の条件は、本入試と同じ試験を受けて、英数国3科目で平均87点以上取ること。

彼の実力なら、所謂合格点を取ることは簡単です。数学ならWもぎで100点を取ったこともあります。Wもぎ

しかし、彼は国語が苦手でした。70点位は簡単にとるのですが、どうしても90点まで取れません。

そこで、彼は一般の受験生に混じって毎日斉学舎に通いつめ、過去問を6年分答えを覚える何回も解き、

そしてついに昨日合格発表がありました。

なんと見事特待枠を勝ち取ったそうです!

今のところ同じランクの特待生は彼を含めて二人だけ。わざわざ別室に呼び出されての発表だったそうです。

お母さんも昨日塾に来て、非常に嬉しそうに報告されていました。

思わず記念撮影してしまったのが右の写真です。

一般の受験生に埋もれがちですが、私立中学生にも様々な壁が待ち受けています。

「高校には黙っても行けるから大丈夫」など安穏とせず、緊張感を持って学生生活を送ってほしいですね。

斉学舎の成績・テスト結果についてはこちらをご覧ください。