“うっかりミス”を減らす!① 葛西・西葛西の学習塾 斉学舎の勉強法!


「”うっかりミス”は、どうやったらなくせるのでしょうか?」

とても、よくある質問の一つです。

 テストで点数が伸び悩む原因の一つが、“うっかりミス”です。

自分なりに注意しているつもりでもミスが続くと、それがきっかけで苦手意識を持ったり、

自身をなくしたりしてスランプに陥る生徒も少なくありません。

”うっかりミス”を減らすにためには、どのような対策をすればよいのでしょうか。

 

誰にでもある ”うっかりミス”

どこで間違えたのか確認し、ミスの「癖」を認識

 

 ミスはしないほうがいいのは言うまでもありません。

しかし、人間はロボットのような正確性はないので、ミスをするのは当たり前です。

まずは「ミスが多い。。」とマイナスに考えるのをやめて、

「誰にでミスはあるものだ!」と受け入れましょう。

「こんなに気をつけているのに・・・」と悩むお子さんに限って、

「どんなところに気をつけているの?」と質問すると、「ゆっくり解いている」とか

「ていねいに解いている」など、漠然とした回答が返ってくることが多いものです。

一方、正確な処理が得意で、成績も安定しているお子さんは、自分の「癖」を把握していて

その場その場で、さっと見直しをする習慣が身についています。

うっかりミスの対策として最初にやるべきことは、「ミスの種類分け」です。

間違えた問題を解き直す前に、最初に出した答えを自分で確認し、

どのようなミスをしたのか分析しましょう。

そうすることで、おのずとどのような対策をすべきかがわかります。

まずは、ここからやってみましょう。

次回、よくあるミスの例や対策について~その②へ続く

斉学舎へのお問い合わせはこちらから