それは「勉強」ではない!「作業」だ!?/【勉強法について】

皆さん、こんにちは。斉学舎代表の斉藤です。

今回は、多くの小中学生(ひょっとしたら高校生も)が勘違いしていることについて。

勉強が苦手な生徒や保護者の方は、口をそろえてこう言います。
「うちの子は勉強方法がわかってない」
「勉強しているのに成績が上がらない」

机に向かって座ってはいるし、問題も解いている。
なのに点数取れない。

これらのほとんどは、その子が勉強しているように見えているが、
実際は勉強モドキの「作業」しかしていないことが原因です。

よくある悪い勉強例(作業)
1、問題を解く
2、〇付けして間違えたら赤で答えを書く

どうでしょう?お子様はこんなやり方で勉強していませんか?

それは、勉強ではありません。「作業」です。

作業をしている間は、ほぼ確実に成績は上がりません。

正しい勉強は、
1、問題を解く
2、〇付けをして間違えたら赤で答えを書く
だけでなく、この後から始まります。

3、間違えた問題の解説を読み、なぜ間違えたか・正しい解き方は何か考える
4、出来るまで何度も同じ問題を解く

この3と4こそが勉強です。
問題を解くことは「作業」であり、
「間違えた後にこそ、勉強が始まる」のです。

しかし、これを習慣化するのはかなり大変です。

正直、精神年齢や性格に強い影響を受けるので、時間がかかることも多々あります。

早い子で3ヶ月。遅い子で2年以上かかります。

もし今「勉強」ができていないならば、ぜひお早めにお問い合わせください。

相談・体験は随時受け付けております。

お問い合わせはこちらから。