やる気を引き出すコーチング【質問編】


斉学舎で実施しているコーチング手法について。

前回の【傾聴】の大切さに続き、今回は【質問】です。

子どもの話を【傾聴】で聞ききったら、それにどう応えるか。

適切な答え方をすることで、子どもはもっと話をしてくれますし、こちらの話を聞いてくれるようにもなります。

 

〈質問〉

1、気持ちを未来に向けるような質問を心がける

  「これからどうしたらいいかな?」・・・未来

  「なぜ何もしなかったの!?」・・・過去

 

2、否定的より肯定的な質問をする

  ○「どうしたらうまくいくと思う?」

  ○「今何かはっきりわかっていることはある?」

  ×「どうしてやらなかったの!?」

  ×「何がわからないの?」

 

3、答えやすい質問をする

  「まず何から始めたらいいかな?」「これからどうしたらいいと思う?」

  などのように答えがいくつもある質問をオープンクエスチョンといい、

  「反省してるの!?」

のようにYesかNoかで答えさせる質問をクローズドクエスチョンといいます。

まずはオープンクエスチョンを投げかけ、答えにくそうにしていたら具体例を出してあげましょう。

例)「この本を読んでどんな気持ちになった?」「言いにくいかな?じゃあ、うれしい・悲しい・つらいで一番近い気持ちはどれ?」

 

人間は「原因」ではなく「目的」をもって何かをします。

~だから・・・した → ×

~したいから・・・した → ○

「なぜこんなことしたの!」よりも「何をしたかったの?」と聞いてあげましょう。

 

面談などで保護者の方とお話をしていると、「当たり前のことを言って聞かせているのに従わない」とよくこぼされています。
しかし、実はお子様たちは、本当はお母さんやお父さんの言いたいことは分かっているのです。
「言われた内容」に反抗しているのではなく、「言い方」に反抗しているのです。
ついカッとなることは多いですが、そこはぐっと抑え、子どもたちの気持ちを引き出す話し方を心がけてみて下さい。
(なお、我々先生もついカッとなることはあります・・・。でも、「心がける」だけでもずいぶん違うと思いますよ。)

 

次回で最後。やる気を引き出すコーチング【承認編】です。

 

斉学舎へのお問い合わせはこちらから