受験準備はいつから始めるの? その1(中学受験編)~中学・高校・大学受験対策は 江戸川区の学習塾 斉学舎で決まり!


受験シーズン真っただ中です。斉学舎でも、来年以降受験を迎える生徒たちが、現受験生たちの様子を

目の当たりにして

「すごく大変そう…」「雰囲気がピリピリしている」

などと言った感想を持っているようです。

 

さて、ここで次のような疑問を持つ方がいらっしゃると思います。

「そもそも、受験準備っていつから始めたらいいの?」

今回はこの疑問について考えてみたいと思います。今回は中学受験についてお話します。

 

~中学受験の受験準備はいつから始めるの?~

一般的には、

小学3年生の2月(間もなく4年生になる時期)

に始める方が多いようです。

入試本番まで3年間あれば、殆どのレベルの中学に対応できるというわけです(この記事を

書いている私も、同じ頃に中学受験準備を始めています)。

 

「いつまでに始めれば間に合うのか」ですが、(受験する中学のレベルにも

よりますが)小学5年生の夏休み前までに始めないとほぼ間に合わない

と思っていいです。

小学5年生は中学受験において最大の山場となる学年で、下手をしたら小学6年生の内容よりも

難しい内容を扱うからです(特に算数)。

斉学舎で過去に一度「入試本番まで残り3カ月」の状態から合格させた

生徒がいますが、それは2科目(国語・算数)受験で、かつ受験した中学のレベルがそれほど高く

なかったためです。

 

「低学年からの受験準備は必要か」という点ですが、3年生までの間は

「学校の宿題をきちんと行う」

「学習習慣をきちんとつける」

といった基本的なことができれば十分だと思います。漢字や基本的な計算がきちんとできていれば

それほど問題はないです。あまり早くから始めさせると、子どもが嫌がって受験どころではなくなる

可能性が出てきます。

 

中学受験は高校受験・大学受験に比べてもハードルが高いので、もし中学受験をしたい!という場合は

かなり長期的な視点で戦略を練ることが必要と言えると思います。

 

次回(高校受験編)に続く…

斉学舎へのお問い合わせはこちらから