国語力 その1~国語力を上げるなら 西葛西の学習塾 斉学舎へ!~

みなさんは「国語力」と聞いて何を思い浮かべますか?

文章読解の力?漢字の知識?文法力?色々あると思います。

もちろんどれも大切なのですが、国語担当講師から言わせてもらうと、最も重要だと思われるのが

「語彙(ボキャブラリー)」です。

 

卒業生に次のような生徒がいました。

その生徒は文法がかなり苦手だったのですが、なぜか英語の点数は毎回結構いい。

その理由を問いただしていくと、

「知っている単語を無理やり組み合わせて『このような意味だ』と推測して解く」

ということがわかりました。

これは国語ではなく英語の話ですし、このような解法が正攻法とはとてもいえないのですが、

語彙の大切さは伝わるかと思います。

 

国語の授業では、次のような問題集やプリントを使用しています(写真)。

 

IMG_0794

IMG_0795

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学4年生には「言葉力1100」、小学5年生~中学2年生には「言葉力1200」

中学3年生には「難語1500」およびそれに付随した短文作成のプリントや、言葉力のテストを

使用しています。

「言葉力1200」は中学受験向けの小学生が対象となっていますが、公立の中学2年生までは

この問題集でも十分に対応できます。

 

次回はこれらの活用法や、言葉の覚え方などについてお話をしたいと思います。

 

斉学舎 お問い合わせフォームはこちらから

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★

どの科目でも質問に来い!  荒瀬浩之:斉学舎グループ館 教室長

明治大学出身。
『軽快なトークで、どんな複雑なことも楽しく説明してしまう』
『いつの間にか生徒の懐に入ってしまっている』という特技を持つ。
現在はグループ館の校舎長として、また国語科担当として、真正面から生徒と向き合う毎日。

どんな科目でも、理屈を理解することで楽しくなります。
「なぜそうなるのか?」を常に大切にできるような授業を目指します!

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★

†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†