学生時代、勉強を頑張った人の特権とは!?

皆さん、こんにちは。葛西の塾、斉学舎代表の斉藤です。

今回は学歴についての話になります。

最初に
「高卒でも稼いでいるやつはいる」
というご意見は、至極最もです。
私の父も、定時制高校→専門学校→職人という人生で、人並み以上の収入は得ていました。

しかし、当然ですが、あくまで今回の話は「平均」の話です。

一部の、才能ある、もしくは人一倍努力家の人間の話ではなく、あくまで高卒・大卒などその属性の「平均」を基準にしています。

その点につき、ご理解いただけたら幸いです。

 

さて、多くの保護者の方、そして塾の先生方は「頑張って勉強しろ!その方が将来のためだぞ!」と子どもたちに話をします。

それでは、勉強はどれくらい「将来のため」になるのでしょうか。

 

その① お金を稼げる! 

厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、、、

中卒の平均年収:250万円
高卒の平均年収:425万円
大卒の平均年収:585万円
大学院卒の平均年収:766万円

あくまで平均ですが、学歴による違いは圧倒的ですね。

また、あくまで具体例ですが、下のような話をよく生徒にします。

<人を使う側>
ゲームデザイナー(任天堂)・・・平均年収912万円
出身学歴は、半数弱が大学院卒。出身大学は、多くが東大。他には慶應・早稲田・千葉大・筑波大・ICUなど。
毎年50〜80名程度が入社しますが、上位私立大、国立大以外はいないようです。
言わずと知れた、ゲーム業界の雄です。子どもたちが憧れて「僕もこんなゲームを作る人になりたい!」と言われるのは、彼らのような人間です。

<人に使われる側>
ゲーム関連(DODA調べ)・・・平均年収372万円
多くは専門学校卒業で、派遣や中小企業の正社員です。大手からの請負も多いです。
「今度〇〇というゲームを作るから、△△の部分をお願いします」のように、指示されて作る場合も多いです。
業界における支配的な立ち位置にはほとんど立てません。

 

その② 仕事を選べる!

当たり前のことですが、、、

大卒の人・・・大卒の仕事も、高卒の仕事も、両方できる
高卒の人・・・高卒(もしくは専門卒)の仕事しかできない
中卒の人・・・そもそも正社員への就職が難しい

 

いかがでしょうか。

「勉強を頑張る」ということは、誰にでもできることです。
また、「お金がなくても幸せにはなれる!」かもしれませんが、

【お金があって生活に余裕がある】のと【毎月カツカツでお金のことばかり考えなければならない】のでは、

「どちらが幸せになりやすいでしょうか」

お子様の将来を考え、ぜひ早いうちからの学習をお勧めいたします。

斉学舎へのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です