定期試験の勉強の仕方! 試験対策は 葛西・西葛西の学習塾 斉学舎で!

 

右の図をご覧下さい。これは、6月前半から中盤に

かけて行われる1学期期末試験に向けたスケジュ

ールです。

 斉学舎では、春期講習、夏期講習や冬期講習と

いった季節講習でなるべく授業を先取りし、早めに

学校から出されるワークを進めておくように指導し

います。

 この学校のワークが曲者なのです。大体定期試験

3週間前に課題として出されるのですが、主要5科

でそれぞれ数十ページというレベルを課されてし

まうのです。余程勉強ができる子でもない限り、こ

だけの分量を3週間で終わらせるのは、正直

かなり難しいです。できたとしても何とか課題の

範囲を1周終わらせた程度で試験に突入するということが大半です。

 定期テストで点数を取れないとお悩みの生徒さんの大半は、この学校ワークが原因となっています

 

 そこで、斉学舎では、「季節講習で先取り→定期試験2ヶ月前から学校ワークを進め始め、定期試験

1週間前までには3周は終わらせる」という図のようなシステムを採用しています。

 学校ワークを早めに1周分終わらせることで、2周目・3周目と繰り返し解くことが出来る、学校ワー

を早めに終わらせることで、余裕を持って他の課題に取り組むことができるなど、早めに学校ワー

クを終わらせることはメリットだらけです。

 

斉学舎で、余裕を持って定期試験に臨もう!

斉学舎へのお問い合わせはこちらから

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★

どの科目でも質問に来い!  荒瀬浩之:斉学舎グループ館 教室長

明治大学出身。
『軽快なトークで、どんな複雑なことも楽しく説明してしまう』
『いつの間にか生徒の懐に入ってしまっている』という特技を持つ。
現在はグループ館の校舎長として、また国語科担当として、真正面から生徒と向き合う毎日。

どんな科目でも、理屈を理解することで楽しくなります。
「なぜそうなるのか?」を常に大切にできるような授業を目指します!

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★