斉学舎はこのようにして成績を上げる!②~葛西・西葛西の学習塾は 斉学舎で決まり!


前回は斉学舎の勉強システムをご紹介しました。今回はそれらをより詳しく紹介します!

(1)「居残り学習」

斉学舎では、授業が終わった後も「居残り」という形で問題演習をさせることがよくあります。

塾長の齊藤の口癖は「時間通りに帰れると思うなよ!?」

です(笑)。

ただ授業をするだけでは、十分な演習時間を取ることは正直なところ難しいです。そのため、

授業を延長、あるいは居残りという形で対応しています。

英語担当の藤巻が課す英単語チェックテストは生徒たちからかな

りの鬼畜ぶり恐れられており、(学年にもよりますが)、

5分以上正解しないと帰れないというもの

です。

(※家庭の事情などで早く帰らなければならない場合はその限りでは

ありませんが、その代わり、別の曜日に早く来て演習をしてもらって

います)

 

(2)「強制呼び出し」

生徒たちに「自習に来い」と呼びかける塾は多いとは思いますが、経験上、「来いよ」と声かけを

するだけではなかなか来てくれません(笑)。

確かに部活などで疲れた状況で、一度家に帰った後また塾に来るというのがかなり大変である

ことは認めますが・・・。

そこで、斉学舎では「強制的に自習に

来る日時を生徒たちに決め

させる」という方式を取っています(写真)

授業日以外にも来てもらい自習をしてもらいます。

来なければ塾からご家庭に連絡をします。

何度も何度も来なかった場合、塾長の齊藤が直接生徒の家に

乗り込みます(本当)。

まだ続きますよ!

斉学舎へのお問い合わせはこちらから

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★

どの科目でも質問に来い!  荒瀬浩之:斉学舎グループ館 教室長

明治大学出身。
『軽快なトークで、どんな複雑なことも楽しく説明してしまう』
『いつの間にか生徒の懐に入ってしまっている』という特技を持つ。
現在はグループ館の校舎長として、また国語科担当として、真正面から生徒と向き合う毎日。

どんな科目でも、理屈を理解することで楽しくなります。
「なぜそうなるのか?」を常に大切にできるような授業を目指します!

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★