東葛西中・葛西三中など中学定期試験対策②/西葛西の塾 斉学舎

皆さん、こんにちは。斉学舎塾長の斉藤です。

今日は実際の試験問題について。

斉学舎では、毎回定期試験が終わるたびに生徒に問題を見せてもらっています。

公立中学校の試験といってもその内容や難易度はまちまちです。

例えば、難しいと話題の清新第一中学校の2年生の学年末試験は、とても難しいものでした。

12月の段階で中2の範囲は全て終わり、中3の展開、相似、図形の比の問題を含む、A3裏表2枚という超高難易度です。

斉学舎には、この清新第一中学校の成績優秀者(9科目700~800点以上)がいますが、その努力たるや大したものです。

 

それに対して一般的に葛西三中東葛西中はそれほど難しくないと言われています。

しかし、意外とそうでもありません。

例を挙げれば葛西三中の1年生(新2年生)の場合、数学がかなり難しくなっています。特に1学期期末試験は、清新第一中並みでした。

教科書準拠のワークのいちばん難しい部分まで手を抜かずに学習しておかないと、80点以上を取るのはキツイですね。

東葛西中では、2年生(新中3)の理科や音楽が難しいと評判です。しかも、去年(彼らが1年生の時)は、
一番皆がつまづく三単現のSの範囲(Unit6)を1週間でさらっと終わってしまうというハイスピードっぷり。

「普通に学校のワークやってれば取れるでしょ。取れないのはサボってるからだ。」

という一般的な大人の考えは、あてはまらないことも多いのです。

そのため、斉学舎では、定期試験の過去問などはもちろん、試験3週間前までに学校ワークを終わらせ、十分な試験勉強時間を取っています。

是非、油断せず、早め早めの準備を行っておいてください。

 

葛西・西葛西エリアで成績アップをご希望の方はこちらからお問い合わせください

 

♡ ♥ ♠ ♣ © ☞ 〠♬♩ ♫ □ ☎ ■♪$☆●+*,+◇◆

とりあえず、毎日、塾に来い! 斉藤秀雄:斉学舎 塾長

大学卒業直後から10年以上、塾講師や教室長、塾長として多くの生徒に携わる。
教室長として勤務していた塾の閉業に伴い、当時の生徒を救うために斉学舎を立ち上げ、
また、障がいのある生徒の学習のサポートの為に、新たに「ひまわり学習教室」を立ち上げた。

宿題をやらなかろうが、塾をさぼろうが、そんなことで斉学舎から逃げられると思ったら
大間違いだ! 

♡ ♥ ♠ ♣ © ☞ 〠♬♩ ♫ □ ☎ ■♪$☆●+*,+◇◆