高校受験 高い偏差値が取れる理由/西葛西の塾 斉学舎


皆さんこんにちは。斉学舎塾長の斉藤です。

冬期講習が無事終わり、斉学舎では受験直前の最後の追い込みに入っています。

今年の高校受験生の中には、都立青山高校、東工大科技高、國學院久我山、順天など偏差値65以上の高校を受験する生徒が何人もいます。

もちろん、斉学舎は勉強の苦手な子が対象の塾ですから、中堅・下位校を狙う子もいます。

彼らの成績の違いはどこから生まれるのでしょうか。

斉学舎の中で、成績の良い生徒の特徴を挙げてみます。
・全員が小学生もしくは中1初期の段階の入塾 → 「勉強のやり方」が身についている
・体力があり、学校や塾を休まない → 進度が遅れない
・絶対に宿題をやって来る → 教わったことが定着する
・一人で黙って勉強できる → 集中力が高い
・本や新聞を読んでいる → 語彙力があり、不明点を的確に質問できる
・早寝早起き朝ごはん → 生活リズム・体調が安定

成績が悪い生徒は、上記の逆です。

塾や学校を休むので進度が遅れ、宿題をやらずに基礎力不足。
塾に入るのが遅く、努力不足・勉強のやり方が定着していない・集中力が無いなど。

スポーツで例を挙げると・・・
「1歳の頃から水泳をやっていた子」に、始めて1年の子は絶対に勝てません。

勉強も同じです。早い段階から「勉強のやり方」を身につけていた子は、そうではない子に対して極めて有利な立ち位置にいます。

是非早い段階から勉強のやり方を身につけてください!

斉学舎問い合わせフォームはこちらから