「なぜ勉強するの?」と聞かれたら


皆さん、こんにちは。斉学舎塾長の齊藤です。

 

こんな感じの子どものセリフ、言われたことありませんか?

「英語なんて勉強しなくていいじゃん!おれずっと日本にいるし!」

「将来、数学の証明なんて使わないよ!」

「歴史なんて将来仕事の役に立つの!?」

 

言われて、答え方に困った人も多いと思います。

「受験に使うからとにかくやれ!」

「数学の証明の勉強をすると、論理的思考能力が身に付くよ」

「温故知新という言葉があってだな・・・」

答え方は何通りもありますし、どれも正解です。間違えてはいません。

 

しかし、「一番子どもが求めることは何か」を基準に考えると、全ての答え方が(ちょっとずつ)間違えているのです!

 

子どもがこのセリフを言うとき、だいたいが「あ~!勉強したくねぇ~!」と思っているときです。

ですから大人は「何とか勉強させたい!勉強が必要な理由を上手に話して、納得させたい!」

と考えて、

子どもに「なるほど、じゃあ勉強が必要だから、がんばらないと!」

と納得させたいと考えるのです。

 

しかし、

結論から言いましょう。

 

【絶対に】子ども達が納得することはありません。

なぜならば、

子ども達の「なんで勉強しなければいけないの?」

というセリフは

居酒屋酔っぱらったオッサン愚痴】

と同じだからです!

単なる愚痴にどう返しても、「納得」することはありません。

 

上司の愚痴を言うオッサンに、「いやいや仕事なんだから命令には従わないとでしょ?」と返して、

オッサンが「それもそうだ!」と納得する光景が思いつきますか?

 

「なぜ勉強しなければいけないのか?」

真剣に問われたら、真剣に答えましょう。

 

しかし、単なる愚痴として言われたなら、

「そうか、なぜ勉強しないとなのか、疑問に思ったんだね。」

と、本人の言葉を受け止めたうえで、話(愚痴)を聞いてあげましょう。

ある程度話せば、自分の気持ちが受け入れてもらえたと思い、満足します。

気持ちが落ち着いたら、「どうすればいいと思う?」「どのくらいできそう?」と建設的な方向に話をもっていきましょう。

ほとんどの子どもは、「自分が勉強しなければならない」ということは理解しています。

理解はしているのですが、気持ち(気分・感情)が邪魔をしているのです。

気持ちが落ち着けば、ちゃんと勉強してくれます。

 

もし「なぜ勉強しなければいけないのか」と聞かれたら、切り捨てもせず、反論もせず、

ただ「愚痴を言いたいんだな」と思って、(ぐっとこらえて)受け止めてあげて下さい。

(いろいろ反論したいことが多いと思いますが!)

 

そうすると、逆に意外と勉強するようになりますよ。

 

 

斉学舎へのお問い合わせはこちらから