【思わぬ落とし穴!?】上がりすぎた・・・

皆さん、こんにちは。

斉学舎代表の斉藤です。

さて、地元東葛西中・葛西三中などの中3受験生は、そろそろ仮内申が出そろいました。

これで最後の志望校の選定に入るのが普通です。

しかし、今年の斉学舎では若干のトラブルがおきました。

なんと、「成績が上がりすぎて困った」のです。
(もちろん、残念ながら全員ではありません)

しかし、最後の最後で内申が3だの4だの上がると、合格できる高校のレベルが一気に跳ね上がります。
そして、それが何人もいたうえに、偏差値も上がっていたのです。

そのため、
「一段階高い都立チャレンジしようかな」
「こんなに上がったなら、もっと高い私立併願取れる」
となり、

「今になって学校見学に行く」
ハメになったのです。

もちろん、上がった時に備え、場合分けした指導(おすすめ校など)はするのですが、
9科目合計150点~240点UPなどは、若干予想以上でした。
(偏差値は5~15UP)

嬉しいことではあるのですが、指導側としてちょっと反省です。

 

このように、今のところ斉学舎で「先生の言うとおりに頑張った」中3生は、軒並み成績を上げています。

成績が上がった中3生の入塾した時期は、早い生徒で小5、遅い生徒で中2の終わりごろです。

成績が上がり始めるまでには時間がかかります(3か月~半年)。

今小学生・中1,2の皆さんは、早めに高校受験対策を始めてくださいね。

斉学舎の受験生は、このまま志望校に向け最後の追い込みに貼ります。

3か月後には、ぜひ全員の第一志望合格の報告をしたいと思います!

 

斉学舎へのお問い合わせはこちらから