できる人、できない人の勉強のやり方~葛西・西葛西の学習塾は 斉学舎にお任せ!


塾の講師を続けていると、だんだん

「勉強ができる人/できない人の勉強方法」

というものが見えてきます。

私見ですが、簡単にご紹介させて頂きます。

 

(できる人)

・何のためにその勉強をしているのかの目的意識がはっきりしている

 例えば数学であれば、基本的な計算を反復して精度を上げるためなのか、考え

 方の筋道を自分なりに理解するためなのかなどをしっかり意識することが大切

 です。

 

・勉強する際にいくつかの科目を持参する

 一つの科目の教材しか持っていないと、その科目に飽きたとき他にするものが

 なくなってしまいます。勉強の出来る人は気分転換も上手です。

 

・短時間でいいので集中して勉強する

 人間はずっと集中することは出来ませんが、例えば15分だけでも集中して取り

 組むことが出来る人はやはり強いです。

 

・自分の間違えた場所について、「なぜ間違えたのか」を考える

 間違えた問題について、自分なりに「間違えた理由」を考えることこそが本当の

 「勉強」です。ただ丸やバツをつけてそれで終わりではありません。

 

(できない人)

・目的意識がなく、ただ「作業」をしているだけの状態になっている

 単語を覚えるにしても、ただ回数を書けばいいというものではありません。

 それは「作業」または「手の運動」でしかなく、殆ど時間の無駄です。

 

・ことあるごとにテキスト類を取りに行ったり戻しに行ったりする

 時間がもったいないことこの上ありません。立ち歩くことで集中力も途切れます。

 

・一つの問題でずっと立ち止まってしまう

 難しい問題はじっくり考えることも必要ですが、ある程度時間を区切って、わから

 ない問題は解説を見て理解する、という形にしないと、時間がいくらあっても足り

 ません。

 

 斉学舎では、「勉強の出来るやり方」を指導しています。

 ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!

斉学舎 お問い合わせフォームはこちらから