なぜ東葛西小学校と葛西第二小学校の生徒が、熱心に塾へ行くのか③


前回の続きです。

東葛西小のお子様をお持ちのお母様

 

葛西第二小のお子様をお持ちのお母様

 

あなたとお子様のためにこの記事を書きます。是非ご覧下さい。

 

 

前回、前々回と東葛西中学校について書きました。

①で早いスピードについて

②でその対策について

 

今回は、具体的に東葛西中であった出来事について書きます。

 

東葛西中学校に通う生徒からの報告(愚痴?)には、こんなのがあります。

・小学校の時80点だったのに、中学校に入ったら3~40点くらいしか取れない

・割合や速さ、図形の面積などの問題が「公式など覚えている」という前提で授業が進む

・運動会などのイベントで授業がつぶれる

習っていない範囲でも自分で調べてやってこい、と冬休みに宿題が出る(英語のレッスン9ワーク)

・おうぎ形の範囲(高難易度)が一回の授業で終了

・教科書の長文が一日1ページ進む

・三単現のsの範囲(レッスン6)が超あっという間(1週間)に終わる

・テストのときに、教科書ベースに中3並の改造英語長文がでる

・中1英語、平均点が40点以下の時が。点数下位層の方が多い

 

今度6年生になるあなたへ

「新小6で追いつけるか」チェック! 全てにチェックが入れば心配なし!

ローマ字はもちろん全て書ける!

分数の通分(最小公倍数)で迷うことはないよね?

図形(三角形、台形など)の面積の公式は、とうぜん即答だよ!

□小学校のテストは常に90点以上、むしろ100点で当たり前だよね?

□本が好きで週に1冊以上は読む!本大好き!

円周の求め方を即答できる?

□算数で、式をちゃんと書くのは当たり前

 

6年生のあなた。すべてにチェックがつけられましたか?

☆東葛西中学校の先生は、「ふつうの小学生は、上記ができて当たり前」という感覚で授業を進めます。

☆数学の先生は「自分で考える力を養う必要がある!」と考え、授業中に正確な解き方を教えてくれません。

☆英語の先生は、他の中学校がレッスン5の時に、レッスン8まで進めています。

 

このように、東葛西中学校は意外とハードな水準を子どもたちに要求してきます。

ぜひ、今後の参考にしてください!

 

斉学舎へのお問合せはこちらから