今月の名言!

日々頑張っている生徒たちから出た、名言をご紹介いたします。

 

    『今日の自習は4時間だけだった!短かったな!』  (中学1年 S君)

彼は入塾当時、授業中に寝てしまうような子でした。しかし、斉学舎で「勉強とはこのようなものだ。」

とたたき込まれた結果、自習に来ることが当たり前、4時間の自習を短いと感じられるほど成長して

くれました。

 

    『毎日12時間かかる課題が9時間で終わることです!

             あと3時間勉強できるから!』  (高校3年 M君)

「どんな時に勉強を頑張ったと自分で思える?」と講師に聞かれたことに対する返答。

受験生としてこれほど理想的な回答はないと思います。ちなみに彼は

センター試験の

英語198点(200点満点)

政経97点(100点満点)

でした。

  

   『部活をやらないで勉強をしたほうがいいのかなぁ』  (小学6年 S君)

そろそろ中学へ進学するS君、お母様に「部活動は何をするの?」と聞かれたことに対して。

小学6年生でここまで勉強に対してストイックな姿勢なのはすごいと思います。

 

どれも講師陣をうならせる名言でした 。

 

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★

どの科目でも質問に来い!  荒瀬浩之:斉学舎グループ館 教室長

明治大学出身。
『軽快なトークで、どんな複雑なことも楽しく説明してしまう』
『いつの間にか生徒の懐に入ってしまっている』という特技を持つ。
現在はグループ館の校舎長として、また国語科担当として、真正面から生徒と向き合う毎日。

どんな科目でも、理屈を理解することで楽しくなります。
「なぜそうなるのか?」を常に大切にできるような授業を目指します!

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★