全国学力テストについて/西葛西で成績アップ・受験対策なら斉学舎

先月の22日に全国の小学6年生・中学3年生を対象に学力テストが実施されたのはご存知でしょうか。

このテストを受けたのは全国約224万人の子ども達。

テストは国語と算数(数学)の2科目で、基礎的な学力を見るA問題と、活用力を見るB問題に分かれています。

文部科学省によると、「文章から必要な情報を抜き出して自分の意見を考えさせる問題」など、前回のテストで悪かった問題の数が多くなったそうです。

 

このテストで一番の問題点は、「学校ごとの試験結果を公表するかどうか」。

 

昨年文部科学省が保護者対象に実施したアンケートでは、保護者の45%が成績公表に賛成とのこと。

しかし、

今回の試験結果を公表予定とする県の教育委員会は、なんと全体の2%に過ぎないというのです。

 

その理由は「地域や学校の序列化につながる」「過度の競争を招く」など。

 

さて、葛西地域にお住まいの方、「~小学校は荒れてる」「~中学校は難しい」など、各学校の情報を多少なりともご存知ではありませんか?

私も塾経営という仕事柄、各学校の情報はたくさん耳にします。

教育委員会の危惧する「学校の序列」は、すでに存在するのです。

成績の公表を求める声は、「もう序列はあるから、テスト結果を公表して分析し、対策を立ててほしい」ということではないでしょうか。

 

また、「過度の競争を招く」ということですが、今の子どもたちは本当に競争したがりません。

例えば・・・

テストの点数が60点!お母さんは「もっと勉強しなさい!」と言いますが、本人は「ん?平均点取れてるからいいよ」と気にしません。

誰かと自分を比較し、自分をより高めようという気があまりないのです。

 

本来、子どもたちはテストをすると他人と自分を比べたがるものです。斉学舎でもテストをすると、「~君はどうだったの?」「一位は誰?」と皆興味津々です。

確かに公表は控えるべき、という教育委員会の危惧も理解できます。私は、成績を公表することで「親の競争を招く」ことには反対です。

しかし、「子ども同士の競争」は、ある程度までは奨励したほうが、本人のためになるのではないでしょうか。

保護者の半数近くが公表を希望している現状を踏まえ、子どもたちの将来のために議論を尽くしてほしいと思います。