小学生で80点は大ピンチ!?

皆さん、こんにちは。葛西の進学塾【斉学舎】代表の斉藤です。

さて、小学生のお子様を持つ保護者様向けにこの記事を書いています。

半分愚痴になりますが、

この仕事をしていると、

「もう少し早く来てくれたら・・・」

と感じることが多いのです。

そう、“とても!!”多いのです。

 

よくあるご相談が、
「小学生の頃は80~90点くらい取れていて安心していたのに、中学生になったら50点くらいになってしまった。」

学校の成績はオール3くらいで、2が一つとか。

高校受験では深川や江戸川あたりには行かせたいので、できればオール4取りたい!

このようなご要望、数多く受けています。

 

お子様が5~60点しか取れない理由。

それは【お子様がサボっているからではありません!】

いや、半分は勉強量が足りないせいでしょうが・・・

 

実は、小学校のテストは85点が平均点になるように作られています。

テストは業者が作っており、授業でやった範囲のチェック程度の難易度です。

難しい問題は一問もありませんから、100点は取れて当たり前。

ケアレスミスが一問あって95点とかでしょうか。

 

一方、中学校の試験は先生の手作りです。

平均点は先生にもよりますが、40~50点台はザラです。
例)東葛西中の数学と理科、葛西三中1年の国語など。

また、教科書範囲外からの出題もよくあります。
例)清新一中と西葛西中の数学、東葛西中と西葛西中の理科など。

試験範囲は1科目につき学校ワーク30~70ページ分と広く、
科目数も9科目です。

中学校テストの平均点は45~70点程度のことが多く、
小学校の感覚で「まあ、ふつーに勉強すれば平気でしょ」と考えていると、
当然ですが平均点チョイ下くらいの50点になります。

ですから、小学校での80点は、中学校の4~50点なのです。

 

全科目50点ということは、内申はオール3です。

そしてオール3を偏差値で表すと49以下です(東京の内申平均は9科目30)。

ですから、小学校のテストで80点を取れていても、全く安心できません。

それは偏差値49以下です!

小学校のテストは100点で当たり前。95点で及第点。

もしお子様が小学校のテストで80点ならば、今すぐに対策を始めましょう。

 

斉学舎へのお問い合わせはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です