小学生と中学生の違い①~定期試験対策は 西葛西の学習塾 斉学舎へ!~

新学期(新学年)が始まり2週間弱、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

特に新しく小学生・中学生・高校生になった皆さんは、慣れないながらも期待に満ちた毎日を

送っているのではないでしょうか。

その中でも新中学生は、環境の変化という意味では一番大きいと思われるので、今回特に触れて

みたいと思います。

 

小学生と中学生の違いはいくつかあると思いますが、その中でも大きいのが定期試験部活動

存在です。今回は定期試験のお話です。

小学校でも「テスト」は存在しましたが、決して難しいものではなく、80点以上が取れて当たり

前、いうものです。

しかし、中学校のテストはそうはいきません。私たちの感覚では、

「小学校でのテストの点数-40点」

中学校でのテストの点数です。

小学校で100点を取れていた子でも60点程度、70点程度しか取れていなかった子に

至っては30点程度しか取れないのです。

中学校のテストで80点、90点といった高得点を獲得するためには、

「120点を取る!」くらいの気持ちで取り組まなければ

なりません。それを実現するために、斉学舎では

小学4年生から中学の勉強を見据えた指導

をしています。

必要があれば、小学生であっても中学内容の指導を行います。

中学校で本当に好成績を維持したいのであれば、小学4年生の頃から先取りをすることが大切

です。

中学1年生になってから中学生の勉強を始めるのでは、もともと余程出来る子でない限り、かなり

苦労するのが現状です(無論、努力次第で挽回は可能ですが)。

 

小学生のうちから、斉学舎で中学内容を見据えた

勉強をしよう!

斉学舎へのお問い合わせはこちらから