小学4年生からの高校受験②~高校受験は 葛西・西葛西の学習塾 斉学舎にお任せ!~


前回はこちらから

さて、前回「学習習慣」についてのお話をしました。こちらも一筋縄で身に着くものではありま

せん。

学習習慣は自然に身につくものではありません。小学校低学年のうちは、親が横について

あげる必要があります。

理想的なのは「私も一緒に勉強を頑張るからね」と、横について一緒に勉強して

あげることです。

もちろん、周囲の環境を勉強に適したものにしてあげることも大切です。

「親が本読みだと子どももその姿を見て自身も本読みになる」ということもあるそうなので、やはり

親が率先垂範して行動することは必要なのだと思われます。

しかしこれらを実行するのはなかなか難しいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その役割を担うのが我々「学習塾」なのです。

「なんで家で勉強しないの!?」「なんで一人できちんとできないの!?」…子供にとって、それを

自力で行うことは本当に大変です。正直なところ小学生でそれを行うことは至難のことです(この

記事をご覧のみなさまが小学生の時、親に言われずとも進んで勉強していましたか?)。中学生でも

一人で進んで勉強できる子の方が少ないです。

 

保護者の方の中には「塾なんか中学生になってからでもいいのでは?」とお考えの方もいらっしゃる

ようですが、残念ながらその考えは少し甘いと言わざるを得ません。

小学校で見に着かなかった知識や習慣が、中学生になってそう簡単に身に着くわけではないからです。

なにしろ勉強にせよ部活動にせよ忙しいのが中学生。そのような知識や習慣をじっくり身に着ける余裕は

正直ほとんどありません。

 

高校受験を余裕をもって乗り切るためには、早いうちから学習塾で勉強習慣を身に

つけることが大切です。

学習塾は「勉強を教える」だけでなく「勉強の習慣を身につける」

場所でもあるのです!

 

さあ、今すぐ斉学舎で学習習慣を身につけよう!

斉学舎へのお問い合わせはこちらから