就学金支援制度について

みなさん、こんにちは。葛西の学び舎・斉学舎の瀧口です。

最近、ご父兄の方から「私立も考えているんだけど、どうしても学費が・・・」というお話を伺いました。

確かに、私立高校は都立高校と比べて高いです。ただ、子息がどうしても行きたい学校が私立の場合はどうしますか?
そもそも私立を視野に入れていないせいで、選択肢が狭まっているかもしれません。

そこで、今日は就学支援金についてご説明します。

 

 2014年より高等学校就学支援金制度が変わりました。国公私立を問わず、高校等の授業料の支援として「就学支援金」が支給されます。但しこの新制度では所得制限があり、市町村民税所得割額が30万4200円(年収910万円程度)未満の世帯が支給の対象となります。

 支給額は以下の通りです。授業料が以下の金額に達しない場合には、授業料を限度にして支給されます。

1 国立高校→月額9,600円

2 公立高校

     定時制→月額2,700円

     通信制→月額520円

3 私立高校→月額9,900円

4 高等専門学校→月額9,900円

※単位制は単位数に応じて支給額が異なります。

なお学校が就学支援金を充てることができるのは正規の生徒の授業料のみです。入学金、教科書代や修学旅行費等、授業料以外の学費は対象になりません。

受給には、入学時に申請書や市町村民税所得割額が確認できる書類等を提出する必要があります。

さらに、私立や高専などでは、世帯の収入に応じて月額9,900円(全日制)を1.5~2.5倍にした額が支給されます。

また、東京都の場合は「東京私学財団」による学費軽減制度や「高校生等奨学給付金」制度があります。

 

 

ebe15109

各ご家庭の事情もあり、「私立高校はダメ」というような方針を反対することは出来ません。ただ、そのようなご家庭で都立受験をした場合、二次募集に回って卒業遠足に行けなくなったり、通信制の高校に通わざるを得なくなることもあります。

このような支援の制度があることを踏まえたうえで、ご家庭での受験方針をお決めになって下さい。

 

◆*;::;*◆*;::;*◆*;::;*◆*;◆*;::;*◆*;::;*◆*;::;*◆*

緻密なデータと豊富な経験に裏付けられた指導! 瀧口洋介:斉学舎 教務部 部長

巣鴨高校・中央大学出身で中学・高校・大学の全てを受験した経験を活かし、
日々、生徒への指導の腕を磨く。
また、中高受験対策大手塾や大学受験専門塾の教室長時代に培われた豊富な知識を活かして
勉強方法や使用参考書の研究を行う。

君たちに必要なデータ、演習すべき問題はすべてこちらで用意してあるよ!
質問も全科目いつでもどうぞ! さぁ、どんどん解いて成績を伸ばしていこう!!

◆*;::;*◆*;::;*◆*;::;*◆*;◆*;::;*◆*;::;*◆*;::;*◆*

勉強に困っている人のための塾 葛西の学び舎 斉学舎

グループ館は東西線葛西駅 徒歩6分!

東京都江戸川区中葛西5-18-14 イナガキビル201/外階段を上がった所

個別館は東西線葛西駅 徒歩5分!

東京都江戸川区中葛西5-39-2 リーフヴィレッジ301

入塾しなくてもOK無料相談のご予約はコチラ

お電話でのお問い合わせは0366614835へ!!