明けましておめでとうございます!


皆さん、明けましておめでとうございます。

斉学舎塾長の齊藤です。

今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、新年の挨拶など、ブログに書いておいてなんですが、私は以前まだ雇われ教室長だったころ、
「生徒に向かって、明けましておめでとうと言うな」
と上司に言われました。

なぜかというと「受験生は今困難の真っただ中にいるので、めでたい気分になどなれない」からです。

新年のあいさつくらい、とも思いましたが、反面一理あるとも思いました。

 

というわけで、新年挨拶の記事はこれまでにして、勉強に関することを書くことにします。

 

さて、高校受験まであと2か月もありません。受験生は毎日朝から晩まで冬期講習に来て頑張っています。

また、中1や中2も、学年末試験が都立高校受験の次の日なので、既に試験対策に取り組み始めています。おおよそですが、「12月22日からスタート」という生徒が多いように思います。

肌感覚ですが、高校受験はちょうど1年前の、「中2の冬」。定期テストは「試験2か月前」が一番大事な時期かと感じます。

そこで、
「私はもう受験生だ!」
「そろそろ試験勉強しなくちゃ!」
と考えられた生徒は、第一志望に合格したり、よい点数をとったり、もしくは大幅な点数アップをすることが多いです。

みなさんも、是非早めに対策を始めてくださいね。

 

斉学舎へのお問い合わせはこちらから