鉛筆100本は努力の証!~葛西・西葛西の学習塾は斉学舎で決まり!~

斉学舎では、専用の鉛筆を生徒に使ってもらい、消費した本数に応じて豪華(?)景品が出る、という

システムを採用しています。

例えば、「1本使い終わるごとに福引(ガラガラ)1回」「20本で図書カード500円分」「50本で

好きなジュースを1か月分」などです。

この度、小学3年生のS君が見事鉛筆100本を達成しました!

img_2759

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真右奥がS君が使った鉛筆)

S君は小学3年生ながら、一人で黙々と自習し、どんどん鉛筆を消費してくれます。

先日行われた漢字検定の直前には、1日に問題集を数十ページも進めたという逸話の持ち主です。

S君にはディズニーランド(もしくはシー)の1日入場券が贈られる予定です!

 

S君以外にも、鉛筆100本に近づいている生徒は何名もいます。

みんなS君に続け!

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★

どの科目でも質問に来い!  荒瀬浩之:斉学舎グループ館 教室長

明治大学出身。
『軽快なトークで、どんな複雑なことも楽しく説明してしまう』
『いつの間にか生徒の懐に入ってしまっている』という特技を持つ。
現在はグループ館の校舎長として、また国語科担当として、真正面から生徒と向き合う毎日。

どんな科目でも、理屈を理解することで楽しくなります。
「なぜそうなるのか?」を常に大切にできるような授業を目指します!

%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★%★