【自己紹介】 新校舎教室長の児玉です!

 

名前 児玉侑也(こだまゆうや)
担当科目 数学、英語、理科
皆さんに読んでほしい本 「チーズはどこに消えた?

 

 

斉学舎の卒業生の児玉です。この度、新校舎の校舎長をやらせて頂くことになりました。

私は中学一年から高校三年まで斉学舎に通っていました。
そのため、斉学舎のよさ・楽しさ、厳しさなどをたくさん知っています。
たとえば、テスト前は朝から晩までテスト対策をしてくれたことや、
進路に困ったときに何時間も相談に乗ってくれたことなど、
当時の思い出を挙げれば切りがありません。
その中でも「勉強に対する姿勢を教えてくれた」というのが、私にとっては一番の思い出です。

私が中学校二年生のとき、斉藤塾長に言われた
「一回の授業で教わったことを完璧に理解できることはほとんどない。
だから、できるようになるまで何度も繰り返し勉強するんだ。」という言葉は、私の勉強への姿勢を大きく変えてくれました。
そして、授業だけでは間に合わない場合、斉藤塾長は居残りや別日の自習をいつもサポートしてくれました。

生徒達には「努力をすればいい結果を出せる」ことを知ってもらい、
社会に出た後も努力を続けることが出来る人になってほしいです。
「勉強」は努力が結果につながりやすいです。
まずは「勉強」という努力が結果につながりやすいもので努力してもらい、
努力の大切さや有用性を知ってもらうことを目指しています。

そして、いつの日か「児玉先生から言われた…」と卒業生の自己紹介の記事に名前を出してもらうのが目標です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です