学校のワークの解き直し方・勉強法とは?/西葛西の塾 斉学舎


今回は、斉学舎で実施している学校の課題対策を紹介します。

IMG_5183

主に、東葛西中葛西三中西葛西中葛西中南葛西第二中など地元公立中学校の生徒が行っています。

どの学習塾の先生や、保護者の方も必ず「学校のワークはしっかりやっておきなさい」と言います。

しかし、「やっておけ」と言われてやれるのは、一部の「頭のよろしい生徒」だけです。

普通の生徒、特に中学1年生になったばかりの子達は「やれって言われたからやるか」程度の感覚しかありません。

「なぜやるのか」
「丸つけのやり方」
「解き直しのやり方」

など、本来保護者や先生が考えてほしいことなど、一切、全く考えていません。

その結果、「〇☓をつけて、赤で答えを写すだけ」となってしまいます。

これで勉強ができるようになるのであれば、よほど本人の地頭が良い証拠です。

普通は無理です・・・

では学校ワークはどうやれば良いのでしょうか?

この記事の右上に、斉学舎の生徒のワークの写真を貼っておきました。

絶対、という物ではありませんが、斉学舎では学校ワークは〇×をつけた後に間違えた問題の上にふせん紙を貼り、その上にもう一度解き直しをさせています。

また間違えたら、出来るまで何度も上に紙を貼ってやり直しです。

しかも、この解き直しまで含め英数国の学校ワークを終わらせるのは「試験3週間前まで」です。

その後は理科社会や実技4科目に集中してもらいます。

斉学舎では元から勉強が得意な人間はあまりいません。しかし、高得点を取る人間が何人も出るのは、

このような学校のワークに代表される「基礎的な学習」がしっかりできているからなのです。

 

今まで学校のワークをしっかりできていなかった人は、ぜひ真似してみてください。

「ワークをやる期限は試験3週間前まで!」 

「〇×付けの後に、ふせんを貼って出来るまで解き直し!」です。

 

西葛西で高校受験や中学校の成績をアップさせたい人はこちらからお問い合わせください