小学生と中学生の違い②~定期試験対策は 西葛西の学習塾 斉学舎へ!~

前回の記事は こちら

 

前回、「小学生と中学生の違い」として定期試験のことを書きました。

今回は部活動のお話です。

 

小学校でも「クラブ活動」は存在します。しかし、それは多くても週に1回程度、時間もそれほど長い

ものではありません。

しかし、中学校の部活動は違います。文化系のクラブであれば週に2回程度しか活動しないものもあり、

勉強にそれほど影響するわけではないのですが、運動部や音楽系(ブラスバンド部・軽音楽部など)

そうはいきません。

週に5~6回の活動は当たり前、さらには朝練も行われたり、日曜にも大会に参加

するなど、非常にハードなものになります。

 

特に上のようなハードな部活を行う場合、中学生活において「勉強・部活動・遊び」

三つを十分に行うことは、かなり難しいことなのではないかと考えています。例えば、勉強と部活動に

全精力を尽くしたいのならば、遊びはほぼできないものと考える必要があります。もし、部活動と遊び

だけに全力を注ぐのであれば、高校のレベルを大きく下げるか、スポーツ推薦等の道を探るより仕方

ありません。

スポーツ推薦を狙えるような身体的能力を持った人は一握りでしかないので、自分が行きたい高校を

本気で狙うなら、部活か遊びのどちらかをあきらめざるを得ないという

厳しい現実があるのです。

 

それでも、小学生のころから勉強習慣をしっかり身につけ、学習内容をきちんと理解できていれば、

上記の全てを楽しむことは可能です。そのためにも、小学4年生からしっかり学習を行うことが

重要になります。

斉学舎で早いうちからしっかりと学習し、来たる

中学校生活を満喫しましょう!

斉学舎へのお問い合わせはこちらから