部活引退後からでも受験に間に合うのは〇〇力が高い子です

「夏まで部活なんですけど、それからでも間に合いますか?」

 

皆さん、こんにちは。斉学舎塾長の斉藤です。

さて、新中3、新高3生は、受験まであと1年となりました。

もう「受験生」という意識で、本気で取り組まないといけない時期です。

この時期、保護者面談などで話題になるのが、上記の「夏まで部活だが、それからでも間に合うか」ということ。

皆さんは、どう思われますか?

 

指導側の意見を一言で表わすと・・・「人それぞれ」

間に合う場合もあれば、無理な場合もあります。

といっても、それで終わりにしては記事の意味がないので、どんな時に間に合う(間に合わない)のかを書いてみます。

 

夏からスタートで間に合う生徒
・読解力が高い
・2年生までの基礎が身に付いている
・処理速度、短期記憶の能力が高い

夏からでは間に合わないのは、上記に該当しない場合です。
3つ全てに該当しなくても、少なくとも3つ中2つの能力がないと厳しいです。

また、最初から偏差値的な目標が低ければ、間に合うことも多いです(定時制など)。

特に大事なのは「読解力」です。

読解力が低いと、教科書や解説が読めません。つまり、一人で勉強できません。

これは、サボっているなどではなく「物理的に読めない」ので、どうしようもありません。

教科書が読めないのであれば、一緒に読んであげたり、全ての問題を説明してあげなければいけません。

膨大な時間と労力と、授業料がかかります。

あまり現実的ではありません。

 

そして、読解力はある程度身に付けるのに時間がかかります。

人にもよりますが、1年・2年の単位でかかります。

ですから斉学舎では、読解力向上のため
*新聞スクラップ作成
*言葉調べプリント
*短文作成プリント
*教科書精読、音読

など、小学生のうちから毎週の宿題で出しています。

 

お子様が部活を頑張っている場合、「いつから頑張るか」が話題になったならば、お子様の【読解力】を基準に考えてみてください。

 

斉学舎へのお問い合わせはこちらから