何をいつ学ぶか⑤

みなさん、こんにちは。葛西の学び舎・斉学舎の瀧口です。
更新が滞っていて申し訳ありませんでした(__)
春期講習で忙しかったのを言い訳に、そのまま更新をサボっていました…

今日は「思春期」に学ぶべきことについてお話をしていきます。

一言に「思春期」と言っても、「私は一生思春期なの!」なんて方もいらっしゃるかと思いますが、ここでは12~14歳に限定してお話をします。
なぜこの年齢かと言うと、この段階からは「知の領域」が発達する時期だからです。この時期から大人の脳に変わっていきます。

では、この時期に何をするべきか。一つは「本を読む」ことです。しかし、今までの「門前の小僧、読まぬ習わぬ経を読む」のような読書ではなく、「自分が何者か?」考えながらの読書が必要になります。頭頂葉・後頭葉から側頭葉にかけた領域が発達することにより、自分・自己・自我の「心的モデル」を発達させなければなりません。

もう一つは「抑制」を身に付けることです。
この時期に抑制を身に付けなければ「切れる中学生」「両親撲殺事件」のようなことが起こってしまいます。

例えば中学生の勉強を見るとよくわかります。
中学1年生は「授業が楽しい」「先生に怒られるのが嫌」などの理由で勉強をします。
しかし、中学3年生は「志望校に受かりたい」「成績を上げたい」と、苦しい状態でも自ら努力して、懸命に努力します。

この時期に抑制を身に付けなければ、社会に出ても努力のできない人間になってしまいます。

◆*;::;*◆*;::;*◆*;::;*◆*;◆*;::;*◆*;::;*◆*;::;*◆*

勉強に困っている人のための塾 葛西の学び舎 斉学舎

グループ館は東西線葛西駅 徒歩6分!

東京都江戸川区中葛西5-18-14 イナガキビル201/外階段を上がった所

個別館は東西線葛西駅 徒歩5分!

東京都江戸川区中葛西5-39-2 リーフヴィレッジ301

入塾しなくてもOK無料相談のご予約はコチラ

お電話でのお問い合わせは0366614835へ!!